日時 ポイント コメント
11月1日 湖全体 11月になりました。寒いです、残雪が残り紅葉も終盤を迎い
寂しい感じです。最高気温7℃、最低気温4℃、水温7℃
透明度3m〜5m。釣り人無し。今晩から又雪が降りそう
しばらく釣りが出来そうに無い。
11月18日 湖全体 今年は寒波が1ヶ月早く襲いかかり11月にはいると
釣人が誰もいません。現在、積雪10cm(道路には無い)
水温5℃〜6℃。透明度5m前後
毎月恒例の刺し網によるバスの調査報告です。
本年最後の調査は、6mから20mまで刺し網を
しかけました。ザンネンながら15mラインで3匹のみ
の結果でした、あれほどのスモール君はどこに
行ったのか?最大グッドコンデションの47cm、
30cm、27cm。その他の魚。8m〜12mラインで
ウグイ(25cm〜30cm)150匹約25Kg、ナマズ
50cmと60cm、イワナ30cm前後13匹、マブナ48cm
と25cm、ニゴイ50cm2匹。番外6mラインで鴨1匹。
3年続いた、県と水産庁のバス調査はひとまず終了
します。釣人もいないのでバス情報も来年の4月後半の
シーズインまでお預けか?
1月の結氷のワカサギ釣まで私は釣を休みます。
いろんな、秋元湖の釣の質問に答えますので掲示板
に書き込みください。お待ちしています・・・^^

      12月28日、皆さんお久しぶりです。先日本山プロが我が家に現れ、長野県でも外来魚再放流禁止条例
       が、滋賀県の琵琶湖に続き検討しているとの事。私達、バスをこよなく愛するものにとって一大事です。
 FBS‘Societyーバスフィッシングの未来を考える会で反対書名運動を行っている、とのこと。
      キャッチ&リリース禁止になると将来のバス釣が不安になります。
自分の子供、孫達にもバス釣の楽しさ を 伝える為にも是非、阻止していただきたいと思います。
     ちなみに、福島県では密放流は禁止でもキャッチ&リリースは、みとめられています。